畳床(たたみとこ)

普段は見えない部分ですが畳の芯材となる重要な材料

畳の上の居心地の良さを決める部分でもあります

この材料の選択により足あたりの柔らかさ硬さが変わります。

畳床の分類

おおまかに分類すると稲ワラ床、稲ワラサンドウイッチ畳床、建材畳床の三種類に分類できます。

それぞれに等級があります。

また建材畳床は用途に合わせた数多くの商品があります。

使用環境、予算に応じて選択します。

稲ワラ床

DSC_4121DSC_4118

タテ ヨコに並べた乾燥した稲ワラを5cmの厚さに圧縮し縫い上げた畳床

弾力性、断熱性、保湿性、耐久性に優れています

普及品から最高級品まで数多くあります沢山の稲ワラを使用し重たくて縫い目が細かいほど高級品とされています

等級により針足や配層また重量も変わります

畳床組合規格の三級上級品でサイズ京間の重量約33kg

丹波裏床(たんばうらどこ)

丹波裏丹波裏床

畳床裏用の畳表として丹波表を生産しています

普段は見えない裏面にも畳表を使用する高級畳床です

棕櫚裏床(しゅろうらどこ)

棕櫚棕櫚2

棕櫚の木皮を床裏に使った高級稲わら畳床です

棕櫚は腐りにくく床下からの湿気にも強い素材です

長年の使用に耐えられるような高級な畳に使用します

稲ワラサンドウイッチ畳床(スタイロ床)

稲ワラでポリスチレンフォームをはさんだ畳床 稲ワラ床と同じような弾力性、断熱性、保湿性を

保ちながら取り扱いやすいように軽量化した畳床です

重量約18kg〜22kg

建材畳床

Ⅰ型床

 

Ⅱ型床

 

 

Ⅲ型床