備後表を使用した伝統の框板入れ高級新畳の製作

伝統の手縫い最高級畳の製作を承ります。材料厳選、仕上がりも最高級です

框板入り 最高級新畳 高級材料を使用して製作する框板入り新畳です。
框板を入れることにより均一な厚みに保ち肉厚な高級畳表の使用も框角が丸くならずに仕上がります。
次回、表替えをする際の寸法補正も容易で綺麗に仕上がります。

框板入り 高級新畳製作風景
使用材料 広島産長引表 丹波裏床 純綿光輝縁 框板入り

框板を加工します
框板を加工します
丈方向、対角線の寸法を決め裁断します
丈方向、対角線の寸法を決め裁断します
框板を縫いとめ、裏返して足で蹴りながら糸を締めます。
框板を縫いとめ、裏返して足で蹴りながら糸を締めます。 表返し定規で寸法を整えます。
畳表をかがり、畳床に張り付けます
畳表をかがり、畳床に張り付けます
巾方向の寸法を決め裁断します。
巾方向の寸法を決め裁断します。
框板との境目が平らになるように調節します。
框板との境目が平らになるように調節します。
逢着機で余分な畳床を裁断しながら畳縁を縫い付けます。
逢着機で余分な畳床を裁断しながら畳縁を縫い付けます。
ワラで厚みを調節しながら畳縁、畳表を縫い付けて完成です。
ワラで厚みを調節しながら畳縁、畳表を縫い付けて完成です。