畳の標準サイズ

地方により変わる標準サイズ 京間 関西間 大津間 中京間 関東間

畳の標準サイズは大きな方から順に主に次のようなものです。

京間(きょうま)と関西間は同じ大きさです。

本間(ほんけん)は京間、関西間のことを現すこともありますが、

それぞれの正確な標準サイズであることも現します。


たとえば、中京間の本間 関東間の本間など

標準サイズより大小がある場合は、

中京間の1分大(1ぶだい)

関東間の2分小(2ぶしょう)などと現します。

10帖間を採寸した際の採寸用紙です。

デニムフロアを敷き詰めましたので、

中3帖は半帖サイズ6枚となっています。

  メートル規格 京間、関西間 中京間 関東間 団地間
標準サイズ尺 丈660
巾330
丈630
巾315
丈600
巾300
丈580
巾290
一定の基準無し
標準サイズmm 2000×1000 1910×955 1820×910 1758×879  
主な地方   京都以西 名古屋 関東以北 全国

換算方法はmm/3.03

地方により標準サイズを基準に部屋の大きさが決まる

上記のように地方により標準サイズを基準に部屋の大きさはは作られいていますが

標準サイズの畳ではきつくて入らない、又は隙間が出来ることがあります。

畳屋さんに注文をした場合、必ず新築の場合でも採寸を行います。

その採寸を元にお部屋にピッタリなサイズを製作します。

正確な寸法は畳屋さんの重要な技能です。

畳の寸法精度は尺貫法の方が正確?

畳屋さんは、今でも尺貫法(尺寸分厘)で仕事をします。

大雑把でいいから、考えが古いからではなく尺のほうが正確だからです。

採寸に使う検尺の最小目盛りは1分(約3mm)ですが、職人はその1/10の1厘(約0.3mm)まで

見分けて採寸することが出来ます。

畳屋さんの製作する畳の精度は1厘(約0.3mm)です。

畳の寸法適正な許容範囲

畳1帖の寸法許容範囲は採寸した寸法より

丈(長手方向)サイズは0〜+2厘、巾は(短手方向)サイズは0〜-1厘

丈寸法は小さいと隙間になり、大きいとシワになります。

巾寸法は小さいと隙間になり、大きいとフクレ(畳表が浮く)てしまいます。

畳の寸法は縦と横だけではありません

畳を作ってほしいという依頼から部屋の縦横サイズだけで注文頂く事があります

お部屋に合わせて平行四辺形の畳みになる場合もあります。

下の図の例は極端ですが、同じ大きさの部屋でも割り付け方でこんなに違います。

image35 image121
正方形のお部屋 ひし形のお部屋
クセ消し法で割り付け
ひし形のお部屋
クセ消し法+掛けシミズ法で歪みも均等に割り付け