寺社用 丈の長い床の間畳を高麗紋縁で手縫い表替え

昔ながらの技術で全て手縫いによる表替え。丈夫で綺麗な仕上がり

寺社用、床の間畳 高麗紋縁使用 手縫い表替え昔ながらの技術で全て手縫いによる表替えです。機械縫いより丈夫で綺麗な仕上がりが出来ます。機械を使わないため、出張先現場でも6帖間ぐらいのスペースがあれば表替え作業ができます。

手縫い表替え製作風景使用材料 麻綿W畳表 高麗白中紋縁

畳表と畳縁を取り外します

畳表と畳縁を取り外します

畳表をはずし、新しい畳表を乗せ縦糸をかがります。

畳表をはずし、新しい畳表を乗せ縦糸をかがります。

畳床を反らし畳表を待ち針で張り付ける縫いとめます。

畳床を反らし畳表を待ち針で張り付ける縫いとめます。

畳表と畳縁を裁断し、縁を丈寸法に合わして縮めます。

畳表と畳縁を裁断し、縁を丈寸法に合わして縮めます。

縁を縫いつけ角を作ります。

縁を縫いつけ角を作ります。

角を縫いつけ、縁を返し縫します 

角を縫いつけ、縁を返し縫します 巾寸法を裁断します。

同じように縫い付け完成です。

同じように縫い付け完成です。