京青連研修事業 バトルクレイン

| コメント(0)

12月7日 京都市内アバンティー上階にある会場にて

京都府商工会青年部連合会の研修事業としてバトルクレインという

体験型の企業経営実践ゲームに参加致しました。

 

一般社団法人「バトルクレイン・プロジェクト」のプログラムを利用しています。

京都府内の各単会から参加をつのりA社からE社まで計5社でのバトルです!

 

先ずはどういったゲームなのか説明書を見ながらルールの確認

損益計算書の記入方法などなど

IMG_20121207_131317  IMG_20121207_150948

会場にはバトルする5社の他には

製品や材料設備を売買する市場があり、また銀行があり悪徳金利の闇金融までもあります^^

 

私の会社はA社

それぞれ500万円の資本金を獲て設立からスタートです

製造業をモデルにされているようで

主には材料を仕入れ製品を作り市場に売る事で利益を生みます。

 

決められた製品を作る為には、設備が必要です

市場にある設備も材料にも数に限りがある中で

どんな戦略を立てていくかが課題です。

IMG_20121207_154150

ゲームは1期から3期までで終了

戦略会議をして1期スタートそして決算の順で繰り返します

1期スタート15分のカウントダウンが始まります。。

限られた時間の中で計画を実行!

また市場や他社の動向を見ながらの決断とかなり忙しいです^^;

IMG_20121207_151114   IMG_20121207_154217

ゲームの中では1期中に一度「天の声」がかかります

天の声はくじ引きでラッキーな補助金が貰えたり

ISO認定で製品単価が上がったりと

または・・・

訴訟を起こされたり社員が使えない等とアンラッキーなものもあります。

実際におこりうるカードが沢山あります

 

結果は。。

わが社は製造ラインが1つしかなく売り上げを伸ばせずにと

悔しい結果でした^^;

ダントツのE社は製造ラインが充実していましたし材料を買占めるなど

B社においては製品不良や天の声の不運が重なったようで闇金に。。。

IMG_20121207_155723 

結果はともあれ

ゲームではありますが社内では社長を中心に役割分担をして戦略実行と

押し迫る時間との戦いがありと~

なかなか面白い研修事業だったと思います。

 

参加されるメンバーのスキルよっては

他にも多くのバージョンがあるそうです

また、京丹後でも計画してはいかがでしょう

コメントする