いわき市ボランティア その2

| コメント(0)

1日目の現場周辺はまだ取り壊し予定の家が並びます

壊される予定の家が派手にペイントされています。

少しでも明るく華やかにと言う事でしょうか

PAP_0103DSC_0232

 

23日 2日目

PAP_0102DSC_0244

昨日と同じく受付後、名札を付けます

はい・・・洗濯してしまってクシャクシャですが。。

 

DSC_0235

ボランティアセンターのプレハブにこんな↑テープが

このプレハブも支援物資の一つのようですね~

 

DSC_0236

そしてボランティア作業のマッチング

 

いろんなニーズがあるなかで

2日目の作業は小名浜地区にて「側溝の掃除」

溝蓋を上げ、津波が持ってきた泥や砂かき出し作業です

20名での作業

マイクロバスに人と資材を詰め込み出発です

 

資材の中に土嚢袋1000個!

これに砂や泥を入れるようです

 

PAP_0101

バスの中で回ってきた

これが噂の「ガイガーカウンター」

普段の数値は0.15~0.20McSv/hくらいらしいのですが

なぜかシャッターを切った瞬間0.36McSv/h 。。。

数値は上下しているようで波があるようです

 

小名浜に到着

溝蓋を上げ溝の中の砂で土嚢作りです

DSC_0237

津波の被害を受けた海洋高校の門前

中には入れませんでしたが使える状態ではないようです

 

この日は土曜日と言う事もあり

いわき市のボランティアセンターには300名以上のボランティアが作業をしていました。

 

時間が経過する中では依頼ニーズの変化もあるようですが

それでも、いつ終わるかもわからないような作業が沢山

まだまだ復興とは程遠い状態です

継続的な支援が必要のようです。

 

DSC_0233

宿泊したホテルの中の自販機。。250円?!

ビールは妥当の350円

朝からどっちを買おうか悩むところでした^^;

コメントする